結婚式の服装40代女性親族は?おすすめレンタル店と通販サイト!

40歳からのファッション

40代になれば、親族の結婚式も増えているのでは?

親族といっても、さまざまな立場がありますので、それぞれに適した服装を、お伝えします。

1

結婚式40代にふさわしい服装

新郎新婦の母親の場合

和装なら、正礼装に当たる、五つ紋の黒留袖を着用します。

帯、帯締めには錦糸を使ったもの、草履は布製で、かかとが5cmぐらいあるものを、履きます。

洋装なら、くるぶし丈、長袖、襟詰まりのアフタヌーンドレスが適しています。イブニングドレスなら、露出をさけて、ボレロを羽織ります。

最近は、イブニングドレスでも長袖襟詰まりのものもあります。

日本の結婚式では、時刻によるドレスコードはそれほど厳密ではないので、アフターヌーンは昼、イブニングは夜、と きっちり区別して考えることは要りません。

母親ではなく、親族の場合

和装なら黒留袖、色留袖どちらでもかまいません。

略礼装の訪問着でもOKですが、地域によっては親族は、全員黒留袖の場合があるので、年長の親族に聞いてみましょう。

40代前半なら色留袖で、華やかにするのもステキです。親族なので、華美になりすぎないようにしてください。

洋装は、ロングドレスが正式ですが、パーティー用ドレスでもいいですね。

あくまでも新郎新婦やゲストより目立ちすぎないように!かといって、黒一色は弔事の装いなので、絶対にNGです。

ボレロもブルーやグリーンなど落ち着いた色にしつつ、コサージュや二連以上のパールネックレスなどで華やかさを出します。

結婚式40代はパンツスーツOK?

正装は、スカート式のドレスですが、最近は、パンツスーツもよく見かけます。パーティー用のパンツスーツも、豊富にあります。

ビジネス用は、マナー違反ですが、高級感のある、品の良いものであれば親族でもOKです。

シフォン系や、光沢のある上着と合わせるなどしても、オシャレです。

結婚式のおすすめレンタルショップ

↑留袖は小物など全てコーディネイトされてレンタルできます。

↑事前に試着できるので、自分に似合うファッションが見つけられます。

おススメファッションサイト通販

↑お洒落で高品質、ベストテン入りの多い人気ショップ

↑大人の上品コーディネイトを提案してくれて、自分好みの着こなしを選べます。サイズも。

 

以上、40代の結婚式服装のコツは、「シックな中にも、華やかさのある装い」です。

若すぎるラインのドレスには、くれぐれもご注意!

試着の際、家族や友人に見てもらってもいいですね。

*ヘアスタイルアレンジはこちらへ