結婚式の服装50代女性親族は?おすすめレンタルと通販サイト!

40歳からのファッション

50代ともなると、結婚式列席は慣れてはいても、若い頃とは違い、服装に迷いますね。派手にならないようにすると、地味すぎたり・・

結婚式には、やはり華やかさは欲しいので、適当にトレンドを取り入れ、50代ならではの、大人の華を添えましょう。

母親の場合と、母親以外の親族の場合を調べてみました!

結婚式・50代の母親の場合

黒留袖着用が最も多いです。両胸、両袖、背に家紋がついた「五つ紋」の黒留袖は、女性の正礼装にあたります。

帯は、金銀が入った錦織の袋帯、帯揚げ・帯締めも金銀が入ったものが、五つ紋の黒留袖にふさわしいものです。

草履は、かかとの厚みが4?5cmぐらいの布製のものを履きます。

洋装の場合は、長袖で襟の詰まった、くるぶし丈のアフタヌーンドレスか、イブニングドレスが正装です。

現在では、午前中からアフタヌーンドレスを着用しますし、イブニングドレスも、長袖襟詰まりも、場合によっては、正式とみなされます。

新郎新婦の母親という立場ですし、年齢的にも、なるべく露出を避けたほうが上品ですね。

露出の多いイブニングドレスの場合は、ボレロやショールを着用すれば問題ありません。

パールのイヤリングやネックレス、華やかなコサージュをつけて品のあるお洒落をしましょう。

また、これは案外大事なことですが、新郎新婦の一方の母親が正装なのに、一方の母親が略礼装ではバランスがとれませんし、失礼に当たります。

両家のご両親同士でドレスコードを話し合われることをお勧めします。

その際、新郎新婦の意思を尊重することも大事ですね。

新郎新婦が、「略礼装でいいよ」と言っているのに、親御さんが「自分は正礼装にする!」と頑固になっては、誰が結婚式の主役なのかわからなくなってしまいます。

結婚式・50代親族の場合

親族であれば、黒留袖なら間違いはありません。帯なども母親の場合と同じです。訪問着は、背に紋をひとつ入れることで女性の略礼装になります。

洋装の場合は、アフタヌーンドレスやイブニングドレスだけではなく、ツーピースやワンピースでも略礼服となります。

上品な黒のドレスは人気です。

ワイン色やブルー系であでやかさを演出しても。

ショールやボレロをプラスすれば、おしゃれ感を出せます。

最近はミドル世代もファッションがバラエティに富み、ドレスを楽しむ機会も増えてきました。

新郎新婦やご両親よりも華美になってはいけませんが、50代ならではのおしゃれも楽しみたいですね。

結婚式おすすめ通販&レンタルショップ

↑大人の上品コーディネイトを提案してくれて、自分好みの着こなしを選べます。サイズも。

↑お洒落で高品質、ベストテン入りの多い人気ショップ

レンタルショップ

↑着物レンタルショップ。うれしい往復送料無料。

↑事前に試着が出来るので、似合うドレスが選べます。

 

結婚式にふさわしい装いで、ご親族様の良き日に、華を添えてくださいね!