お花見の服装と持ち物注意点!防寒対策とおしゃれを兼ねて

お出かけ

春うららのあたたかい陽気に誘われて、
お花見に行ったものの、
急に風が強くなったり、底冷えしてきたり。

こんな経験がありませんか?

お花見時期は、天候が変化しやすく、
気温差も激しい。

薄着の、春ファッションで出掛けるのは、
おすすめできません。

かといって、真冬の重いファッションも何だか・・

そこで、お花見にふさわしい、
春を取り入れたファッションと、必需品を
ご紹介します。

 

お花見の服装の注意点は?

1.砂地だったり、レジャーシートに座ったりするので、
汚れてもいいもの。洗濯できるもの。

2.レジャーシートの上で、時には長時間過ごすので、
下半身が冷えない服装をする。

という点にご注意を!

特に、女性は下半身が冷えやすいので、
しっかりと対策をしていきましょう。

*桜の名所は、お花見人気のスポットをご参考に!

aa

 

お花見におすすめのファッション

ボトムは、汚れても目立たない色を選びましょう。

また、スカートはミニは避けて。
冷え防止と、レジャーシートに座るときに、
下着が見えるのを避けるためです。

汚れと防寒ばかり気にしていたら、
重苦しい服装になりがちなので、
トップスやストールを明るい色にしましょう。

コーデのおすすめ例

トップス=流行の黄色やアイボリーなどの、
春色ニットorシャツ

ボトムス(パンツ)=デニム、またはカーキ、
紺の色物パンツ

ボトムス(スカート)=マキシ丈タイトスカートで、
デニムor濃いめ色

アウター=パーカーorブルゾン(防寒対策も)

*夜桜見物には、薄型のダウンパーカーがいいでしょう。

靴=脱ぎ着しやすいスニーカー。
レジャ-シートに出入りするので。

rr

防寒にもなる小物でおしゃれに

ストール=パシュミナなど薄くても、
暖かなストールが便利。
きれいな色にすれば、差し色になります。

dd

帽子=日差し対策に。春用の綿素材など。

タイツ=ストッキングより、冷えないためにタイツを。
色を合わせて、カラータイツにすればおしゃれ。

靴下=アウトドア用など、丈夫なもの。

ひざ掛け=冷え防止に。

 

あると便利なグッズ

保温水筒=あたたかいお茶や紅茶を。

ウエットシート=水道が近くに無いとき、役に立ちます。

ごみ用袋=スーパーの袋でOK。

新聞紙=レジャーシートの下に敷けば、防寒に。

 

お花見メイクでの注意点

春は紫外線の強い季節。
日焼け止めを塗るのは、顔だけでなく、
首や腕、露出部分に塗りましょう。

髪はまとめましょう。

風がきつかったり、
お弁当を食べたりするので、
ロングは、編みこみやお団子にすれば、
おしゃれ度もアップ。

メイクは、自然の中なので、
濃いメイクだと完全に浮きます!
アイメイクや口紅が濃くならないように。

ナチュラルメイクを心がけて。

bb
桜の下では、ようやく春の空気が流れ、
うきうきしてきますね。

自然と触れ合える季節、
存分に楽しんでくださいね。