肌乾燥の対策は?お手入れも食べ物も原因です!

美容

冬になると、どうしても肌は乾燥してしまいます。

毎日、ケアしていてるつもりでも、
お化粧が粉っぽくなったり、悩まされますよね。

ちゃんと手入れをしているつもりでも、
なぜ、乾燥肌になってしまうのでしょうか?

解決策と共に、原因を探っていきます。

そもそも、スキンケア方法が間違っている!?

肌1

お化粧をしっかり落とすために、
メイク落としや洗顔料を使う時に力が入りすぎていたり、

寒いからといって、熱いお湯で洗い流したりしていませんか?

肌の角質層は摩擦で傷つきやすいので、優しく洗うことが基本です。

顔を洗うお湯の温度は、ぬるま湯(32度ぐらい)にしましょう。

熱いお湯で洗うと、
肌を守ってくれている必要な皮脂まで洗いながしてしまいます。

しかし水だけでは、汚れが落ちきらないので、
ぜひぬるま湯で洗ってみてください。

顔を洗った後も、摩擦をおこさないよう、
タオルで、顔をおさえるようにしましょう。

洗顔

洗い終わったら、
できるだけ早く化粧水などで肌の保湿を始めましょう。

加湿器を使いながら、手入れするのもいいですね。

乾燥がひどい時には、化粧水をつけて1分程おく、
また化粧水をつけて1分おく、というのを繰り返してから、
次のお手入れに入るようにすれば、かなりプルプルになりますよ。

シミ、しわ、たるみの原因になる紫外線は、冬でも対策が必要です。

肌が乾燥した状態で紫外線をあびると、
さらに乾燥するという悪循環も生まれてしまうので、

冬でも、紫外線を多く浴びるときは、
UV効果のある化粧下地やファンデーションを使って、
紫外線対策をしましょう。

食事、食生活を見直す

栄養のバランスのとれた食事をしていれば、
極端に、肌の乾燥を引き起こすことはありません。

ダイエットや偏食などが、乾燥肌の原因ともなりますので、
食事の内容も見直してみましょう。

肌の主成分であるタンパク質を含む食材は、
肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などがあります。

ダイエット中なら、タンパク質摂取は、
血液サラサラ効果のあるEPAが多く含まれる、
青魚(イワシ、サバなど)がオススメ。

女性の美しさや若々しさを手助けしてくれると言われている
「エストロゲン」という女性ホルモンに似た働きをする、
大豆イソフラボンが多く含まれている、納豆や豆乳もオススメです。

そのほかに摂りたいものは、
ブロッコリー、赤ピーマン、キウイフルーツなど、
ビタミンCの多い食材です。

タンパク質と合わせて食べることで、
コラーゲンの生成を促進させる働きがあります。

ごまやナッツ類は適度な油分があって、乾燥肌にいいとされています。

nuts

それに加え、ナッツ類はよく噛んで食べないといけないので、
空腹感を満たし、ダイエット中の間食として最適です。

もちろん、ダイエット中でなくても、
ナッツ類は肌をつやつやにするので、毎日摂取をするといいでしょう。

乾燥には様々な原因がありますが、
身体の内側と外側の両方からケアすることで、
この冬は乾燥知らずのプルプルお肌を手にいれましょう。

美容
wakuwakuをフォローする
わくわくジャーナル

コメント