ねこ駅長は広島にも居るよ!送り迎えしてくれる姿に胸キュン!

たま駅長は有名ですが、りょうま駅長はご存知ですか?

広島市志和口駅に居る、知る人ぞ知る、
もう一匹の名物ねこ駅長さん。

駅で乗降する人たちを出迎えたり、
見送ったり、その愛らしい姿が、
「生き物にサンキュー」で紹介されました。

 

名前はりょうまクン、人懐こさはバツグン!

 

no title

りょうま駅長は、
JR芸備線志和口駅付近に 住みついているキジ猫。

男の子で、体重は6・1キロのしっかりした体格、
キリッとしたイケメンな顔立ちで、10歳前後です。

2010年頃にどこからか、やってきたといいます。

それから5年、昨年暮れには、地元の人たちで、
見守る会」が発足されました。

会員は約60人で、りょうま駅長の世話をし
特注の制帽も作ったそう。

 

 

猫駅長に会いに県外からも見学者が続々!

とにかく人なつっこい性格で、
人を見ると、駆け寄っていったり、
初対面でも、愛想よく挨拶する様子が、
TVで映し出されていました。

この日は、福岡から2時間掛けて、
りょうまクンに会いに来たという母子と
ご対面する、ほのぼのとした情景が!

最近は、このようにわざわざ県外から、
りょうまクンに会いに来る人が増えているそうです。

週末は平均10~20人が来訪、
多い日で100人以上が来た日も。

遠くは東北や九州からも居て、
立派な観光大使といったところ♪

 


http://tabetainjya.com/archives/cat_17/post_4089/

「↑猫は、こういう帽子とか嫌がるんだけど、
ちゃんと自分の役目を自覚しているのか、
しっくりなじんでますね!」

 

駅に降りてくる人を、お出迎えしてくれたり、
構内で出会ったバギーの中の赤ちゃんを覗き込んだり、
ホームで、電車で去っていく人を見送ったり、

人間の駅長さんでもなかなか出来ない仕事を
しっかりとやっていました。

(まっ、猫だから、
気が向かない日はあるとは思いますが・・) 

たまに駅長室にこもってるときがあるそうで、
会いにいって、姿がみえないときは、
窓口で尋ねると、りょうまくんが出てきてくれるとのこと。

なんとも、可愛いですね!

 

見学者に話しかけてくれるりょうま駅長↓

猫駅長 りょうま 広島県志和口駅(芸備線)