ガウチョパンツ秋冬コーデ!40代におすすめの着こなしは?

40歳からのファッション
スポンサーリンク

春から夏にかけて、すっかり新定番アイテムとなった、ガウチョパンツ。

体型カバーができ、コーデも幅広いので40~50代にも、着こなしがラクです。

秋冬ファッションも、引き続きトレンドの中心になりそう。

まだはいていない人は、ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

秋冬ガウチョは足元が決め手!

春には、スニーカーやぺたんこパンプスで カジュアルダウンがトレンドになりましたが、

秋冬は一転して、エレガンスやマニッシュ仕上げが中心に。

カジュアルなニットにコーデするときは、マニッシュなブーツで締めましょう。

ガウチョパンツ×ニット×ブーツ

 

ROSSO(ロッソ)のROSSO タックワイドパンツ(パンツ)|詳細画像
ROSSO

フロントにタックが入っているガウチョは、カチッとした印象で、通勤にもOKだし、体型もカバーしてくれます。

足元は、ショートブーツでバランスを取ります。または、パンプスにハイソックスでも。

あまり広がっていないデザインなので、パンツ感覚ではけて、ジャケットやコートの丈も気にせず、 合わせることができます。

 

BEAUTY&YOUTH WOMENS(ビューティアンドユース ウィメンズ)の【予約】BY サキソニーガウチョパンツ(パンツ)|詳細画像
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

ワイド&クロップド丈で、フェミニンなシルエット。

この丈は、長めニットやロングカーディを合わせても、バランスがいいし、トップスをインにしてベルトで締めても、 大人の雰囲気に仕上がります。

こちらの記事もご参考に↓
大人ニットコーデ
チェスターコート秋冬40代におすすめ!

フェイクスエードで新感覚のガウチョパンツ

 

AMERICAN RAG CIE  【WOMENS】(アメリカン ラグシー ウィメンズ)のフェイクスウェードガウチョパンツ/211-LAN-B5319Z(パンツ)|カーキ
AMERICAN RAG CIE

今シーズンマストアイテムのフェイクスウェード素材のガウチョ。

あったか感が出て、秋の気分を取り込むには便利なアイテム。

いろんな色彩を合わせると、トレンドのボヘミアン調も出て、新鮮です!

ニットを合わせてカジュアルに、ブラウスを合わせるとフェミニンへと、どちらもこなせるうれしいアイテム。

オフィスにも、学校行事にも○ですよ。

秋冬のフリンジの大人コーデもご参考に。

 

SELECT(セレクト)のフェイクスエード ガウチョパンツ(パンツ)|キャメル
Jines

タックが多めにはいった、ガウチョパンツは気になるお腹まわりをカバーしてくれ、 スタイルよく見せてくれます。

ふくらはぎまでのミディ丈は、もっともフェミニンな印象になる丈。

レーストップスをコーデすれば、華やかさがプラスされておしゃれ度もアップ。  

とろみ感でワンランク上のおしゃれ

 

UNITED ARROWS WOMENS(ユナイテッドアローズウィメンズ )のUWMF P/PU フレア ガウチョパンツ(パンツ)|詳細画像
UNITED ARROWS

スカートのようなフレアシルエットで、スカート派にも抵抗のないガウチョパンツ。

きちんとした場所にもいけるし、ドレッシーに仕上げるならトップスにもとろみラインを。

スカートよりは、辛口になるので甘すぎない女っぽさを演出できます。

 

UNITED ARROWS WOMENS(ユナイテッドアローズウィメンズ )のUBCE タックガウチョパンツ†(パンツ)|詳細画像
UNITED ARROWS

とろみ感たっぷりのガウチョパンツは、スカート感覚ではけますが、 スカートより新しさとおしゃれ度は格段に上です。

ジャケットや帽子を合わせると、大人のかっこよさが存分に出ます。

冬はあえてロングコートと合わせても、 同じくかっこよさを演出できます。

デニムシャツ×ガウチョパンツ

 

BEAUTY&YOUTH WOMENS(ビューティアンドユース ウィメンズ)のBY リヨセルナイロンテーパード8分丈ガウチョパンツ(パンツ)|詳細画像
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

この春夏、大流行したデニムシャツとガウチョパンツを、秋冬にも登場させましょう。

同じコーデを違った印象にするのは、足元と小物。

春夏のスニーカやサンダルを、女っぽいヒールのパンプスに変えれば、それだけで秋の気分。

テンガロンハットも流行の小物。

ヒールとテンガロンで、 絶妙なバランスのカジュアルフェミニンコーデです。

*ガウチョパンツを攻略するだけでおしゃれ度がワンランクアップしますよ!

まだ取り入れていない人は、 この秋から始めましょう。